雑記

スポンサーリンク
雑記

投資の勉強は沼にもなる

投資とはとても奥が深いもので、深すぎるが故にその底というのは全く見えません。 また投資は複雑に絡み合った政治や経済、情勢などが絡むことから、常に不確定要素が支配するもので、将来の事は決して分からないのですよね。 そして投資と言っ...
雑記

市場が急落した場面で買う向かう人を見ると、ちょっとした勇気が出ます

中国と米国の貿易戦争が過熱の一途を辿り、お互いの貿易環境を荒れさせる政策を取り続けており、両国共に継続して引き締め合うという終わりの見えない状態となっていることから、市場が変な荒れ方をしてきました。 日本と韓国に至っても、ホワイト国の...
雑記

相場が不安定な時こそ、現金比率の見直しを図る

世界的な経済動向と相場がキナ臭くなってきた昨今では、先行きが非常に不透明となって来ています。 でもこの先行きが不透明という言葉は便利な言葉で、経済が好調な時でも使う事ができる優れものです。つまり投資の世界では常に使う事が出来る汎用性の...
雑記

消費税増税は長期で見るとかなり負担が大きくなるため、家計の負担増はじっくり見積もる必要がある

2019年10月より8%→10%の消費税増税が行われます。遂にこの時が来てしまうのかと、投資家としては企業の利益を心配しつつ、家計への負担増の大きさに内心ドキドキしている昨今です。 消費税増税については「恒久的」な課税であるというのが...
雑記

自己投資と株式投資へのバランスは難しい。極端になると弊害が出る

自己投資とは、英語の勉強であったり、プログラミング、そして資格取得なども含まれますが、趣味の旅行もその範囲に含まれることもあり、自己投資とは何かと広い範囲で解釈することが可能です。 スマートスピーカ―が楽しそうだから購入した、という状...
雑記

米国は借金によって経済的な危機が数回と発生した歴史がある

米国は力強い政策や企業の能力によって、大きく経済的な成長を続けてきました。しかしその経済成長においては、大きな借金によって経済が成長した背景もあるし、それによって経済危機をもたらしたという事実があります。 その経済危機の一つとしては、...
雑記

増加する日本銀行券の通貨流通高

円というお金は日本銀行から市中に供給されていますが、その額についてはあまり馴染みがないものとなるでしょう。 結論から言うと、2019年6月時点で約112兆円が市中に流通しています。この数値は日本銀行から公表されているものですが、数値に...
雑記

自分が投資をしているからこそ、子供に投資の知識を継承する必要がある

私としては、次の世代は投資の知識が無ければかなり困窮する可能性があると見ています。 もちろんこれは素晴らしい大手企業に入ること等になれば話は変わる場合がありますが、しかしそれ以外の状況であれば、お金を増やす手段と方法を少しでも持ち合わ...
雑記

金融商品も良いものは良いと広まる速度が加速したと、最近は感じます

私が雑貨や家電などを購入する際に、今ではネットでの評価を調べてから購入することが基本となりました。この行動は悪いものを購入してしまうことを避ける為のものですが、しかし評価は様々ある場合もあり、その見分け方は難しい時があります。 過去に...
雑記

株主優待銘柄への長期保有は何かと難易度が高い

株主優待を頂ける銘柄を長期保有すると、年に1~2回と自宅に商品や優待券などが届くため、非常に魅力的で素晴らしいものですよね。 かくいう私も株主優待を持つ銘柄を複数保有しており、年に数回の恩恵を受けています。滅多に食べる事のないものを口...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました