iDeCo運用実績-2020年4月13日時点

2020年5月12日

iDeCo(確定拠出年金)の運用状況を公開していきます。なお2018年8月より買い付けを開始していますが、現在のところ19回目の買い付けを行っています。

また私のポートフォリオは、他の方にオススメはできない相当なリスクまみれの構成を取っています。ですが運用ブログの一つとして見て頂けますと幸いです。

含み損は多少緩和された

上記からは分かりにくいですが、以下の構成比でポートフォリオを組んでおります。

  • 楽天VT:60%
  • 楽天VTI:30%
  • 外国リート:10%

先月より新たに23000円が入金されましたが、手数料によって171円が引かれ、22829円の買い付けとなっています。

先月の今頃は-53236円の含み損でしたが、今回は僅かに減って-36750円となりました。これは新型肺炎等の様々な悪影響が続いているためではありますが、ここまで含み損が減少したのはぶっちゃけ分かりません。

ただ一つ言えるとすれば、各国が対応している経済対策などが一時的に功を奏していると言えば良いのかもしれません。

文字に起こすのが難しい昨今

各国の株価指数が下落している事を考えると、当然ながら私のiDeCo口座における含み損は増加して行きます。

その状況で「はて参りました」と言うのは、今まで私がiDeCoの口座には特に感情はないとしていたスタンスに合いませんから、ここはリスクを取っているのだからこういう事もあるよね、という一言で終わらせるのもまた良いでしょう。

でも今回はちょっと違う気がするんです。何故なら一言で断ずるような簡単な話ではなさそうだと思っているからです。それは何と言いますか、極めて強く粘りつく感覚といいますか、それが広がる様なイメージがあるからです。

これは非常に抽象的でフワっとした程度におさめておきますが、つまり簡単な話ではなさそうだという事を言いたいだけの話であったりします。

ただしそんな状況でもiDeCo口座は機械的に積み立てられていきます。もちろん入金しない方法もあるにはありますが、それは本当にクリティカルな状況になった時の話であり、まだ入金する余裕がある状況が恵まれているのだと、強く噛み締める必要がありそうです。

おわりに

今までのiDeCo運用実績等を纏めたページを以下に貼り付けておりますので、お時間がある際に閲覧頂ければ幸いです。

●iDeCo運用実績