iDeCo運用実績-2019年5月11日時点

iDeCo(確定拠出年金)の運用状況を公開していきます。なお2018年8月よりiDeCoの運用を開始していますが、現在のところ9回目の買い付けを行っています。

また私のポートフォリオは、他の方にオススメはできない相当なリスクまみれの構成を取っています。ですが運用ブログの一つとして見て頂けますと幸いです。

まだプラス圏は維持していますが…

上記からは分かりにくいですが、以下の構成比でポートフォリオを組んでおります。

  • 楽天VT:60%
  • 楽天VTI:30%
  • 外国リート:10%

先月より新たに23000円が入金されましたが、手数料によって167が引かれ、22833円の買い付けとなっています。

先月の今頃は+7145でしたが、今回は評価損益が+3614と減少しました。これは貿易戦争が悪い方向へと進んだため、世界的に株安となったためです。まだプラス圏内を維持しているとはいえ、状況が状況だけに含み損に落ちるのは遅くは無いのかなと思う所です。

そして投資信託を個別に見て行くと、全世界に投資する楽天VTが大打撃を受けているという事が見て取れます。しかし米国のみを対象とした楽天VTIはさほど致命的に下落しているという印象はなく、米国市場の強さが伺える基準価格と言えるのではないでしょうか。

ボラリティの高い展開となりそう

いまニュースで出ている情報を参照しても、中国も米国も難儀な状態となっているなぁ、という印象です。どちらも引くに引けない背景があり、不幸は連鎖すると言えば良いのでしょうか。

でも去年から続いている貿易戦争って、私個人としては完全な悪印象は無かったりするのですよね。言い方を変えると、いつか起こる事がこのトランプ大統領の時に起こっているだけの可能性がある、その様な思想になっているという所でしょうか。

貿易戦争自体は株価に激痛をもたらすため、当然ながら出来ればやめて欲しいとは思っていますが、地政学的な意味でいつか必ず米国と中国が衝突する可能性が高かったこともあって、それが今起こっているだけなのかもしれないと妄想したとき、あまり驚くことでは無いのかなとも言えます。

また昨今の中国の状況を考えると、放置しておくにはかなりマズいと思っていた所があり、絶望的な状況になる前に貿易戦争のようなボラリティを演出しているだけの事かもしれないと、邪推しながら最近はパンを作っています。

イースト菌で膨らむパン生地の姿は実に可愛らしい。

おわりに

今までのiDeCo運用実績等を纏めたページを以下に貼り付けておりますので、お時間がある際に閲覧頂ければ幸いです。 ●iDeCo運用実績


スポンサードリンク