テレワークをされている方々は先駆者であると思っており、頭が上がりません

昨今はテレワークの流れが出来ており、凄まじい勢いで変化するこの社会に驚きを隠せません。前までは、私が現役の内にリモートワーク、いやテレワークが来ることは絶対に無いだろう…と思っていたこともあり、この状況に混乱を覚えつつも「遂に来たか!」と環境の変化に複雑な心境を抱いています。

さて私の業務はというと、実はテレワークが出来ません。これは会社が前々からそのシステムを整備していなかったこともあるのですが、一番の要因は取り扱う仕事がテレワークに適していないという理由があるからです。

ただし自宅が職場からかなり近い事もあり、通勤にさほど時間が掛らない環境にあることから、今ここでテレワークとなったとしても、恩恵は限られているという状況があります。

ですが、この通勤にさほど時間が掛らないという恩恵を受け続けた身としては、その素晴らしい環境が何物にも代えがたいものだと実感しています。何故なら通勤で時間と体力を消耗しないので、自由に取り扱える時間が豊富に用意されるからです。

過去には往復4時間かかる場所で仕事をしていた事がありますが、その通勤時間だと家に帰ったらすぐに寝ないと朝起きれない位なので、その時にはほぼ仕事で一日が終わる毎日を過ごしていました。

ただ帰路には色々なお店があるので、週末とかには体力が残っていれば飲食店で美味しいものを食べたり、または大型家電店に寄ってみたりと、意外に楽しんでいたことは事実だったりします。

しかし、このように通勤時間の有無を経験しただけあって思う所は多々あります。でもこれは多くの方が思う所だとは思いますが、長い通勤時間は多くの国民の財産を削り取るモノであると私は思っています。

そして、その風潮を打破するようなテレワークが進んでいることが極めて喜ばしいことだと思っており、時代が遂に動いたと思う所があるのです。

ですがテレワークは、今までにそれ程なかった業務形態であることから、様々な問題が生じてしまうことは確実です。取り扱いを間違えれば、社会問題にすらなりかねない爆弾を抱える可能性だってある。

重い問題を書くことは避けますが、軽い部分でいうとテレワークに使用するPCの電気もありますし、また通信費について家庭の回線を使うのか、きちんと通信用設備が用意されるのか、その整備と諸々の費用についても色々と問題が生じます。そしてセキュリティ的な問題も強く生じてしまう。

そして自宅を職場に変える訳ですから、家庭にも影響を与えるという事実があります。そしてテレワークはアウトプットが明確に求められ易い状況もありますので、その作業結果・効率については非常に強く監視されやすい。

そういうこともあって、テレワークが導入されつつあるのは良い事なのですが、いざやってみるとあまり良く無かった業務形態である、という事実が蔓延してしまった場合は、先の時代には推奨されなくなってしまうという危険性すら抱えている。

こういうこともあって、今テレワークをされている方が出す結果によって、この先の未来が分岐してしまう可能性があることから、先駆者とも言えると私は思ってるのです。

私はテレワークをすることが出来ないので、その道を開くのには他の方々に頼るしかないという不甲斐ない事実があるので、先駆者の方々には頭が上がらないと考えつつも、どうにかその道を強固なものにしてくださいますよう、お願いいたしますと思う所なのです。

ただし最後に、テレワークの流れが出来たのは新型コロナウィルスが関連しており、複雑でナイーブな背景があるということが悩ましい所です。

雑記

Posted by mortinvs