家計を把握することの重要さ、しないことの重要さ

家計簿を付ける事というのは、自身の収入と出費を把握する上では非常に重要事項となります。これは自身のキャッシュフローを可視化し、お金の流れがどの様な状況に置かれているのか認知するためです。

これによってお金を使いすぎているのか、又はいくら使う事が出来るのかを考える事が可能となります。つまり今後の資金対応を考えるという意味で、家計簿を付けることは必ずいつかのタイミングで行わなければなりません。そうしなければ自身の置かれている立場が分からず、家計が危機的な状況になっていた場合に気づいたときに後の祭りになるからです。

私は出来うる限り家計を把握しており、毎月の支出と収入をチェックしています。そうすることによって年に幾ら投資可能かを計算するためです。

ですが逆に、場合によっては家計を把握しない時もあります。厳密には「少し距離を置くことがある」というのが正しい表現ですが、これは把握によってメリットとデメリットがあるからです。

家計を把握することの重要さ

前述の通り、自身の資金の流れをから状況を把握し、家計が炎上することを防ぐためです。つまり過剰な支出を検知し、抑えるべき支出を算出するという事です。

そもそも生活費を含めた出費と言うのは、基本的に自身が稼いだお金以上に出すことは危険です。一時的な仕方のない出費があるのは事実ですが、それ以外となる身の丈に合わない生活をしているための出費というのは継続性があるため、削るべきところは削って抑える必要があります。

その部分を削るなりして、保有する資産が継続してマイナスとならないようにすることが重要であるため、家計を把握するという事です。何処かでお金を過剰に使いすぎてしまったのであれば、それは将来使うことが出来た可能性のあるお金を使ったということから、それを前借したこととなるため、将来は出費を抑える必要があるかもしれません。

そのため将来を前借りしすぎた結果、将来がキツくなるというのはよくある事ですので、その事態を避けるために家計を把握することが重要であり、それによって収入・支出のバランスをとる必要があります。

家計を把握しないことの重要さ

基本的には家計を把握することが重要であると私は考えていることもありますが、そもそも常に家計を把握しないというのは恐ろしい程のハイリスクであるためオススメできませんが、一時的に把握しないというのは十分アリだと思っています。

これは家計という数値に囚われて、精神的に負荷となることがあるからです。つまり家計を把握しすぎたために抑える必要のある支出にこだわってしまい、支出を抑えるための行動によって不利益となる事があります。

例えば、自身の趣味から支出を過剰に削る必要が生じた場合、ストレスによって別の支出が出てしまう事があります。これを私自身を例に取れば、ゲームなどの購入を控え過ぎた結果、ストレスが溜まり食費に転嫁されてしまうことがありました。家族がいる方であれば出費の抑える事をお願いすることになりますが、過剰な要求となれば同様の結果をもたらす可能性があるかもしれません。

そもそも支出を抑える行動について過剰な行為をしなければ良いだけの話ではあるのですが、家計ってお金が絡むことがあって制御が難しいのですよね。要はお金が絡む以上、家計という数値に感情が乗りやすいと言えば理解がしやすいのではないかと思います。

あと家計を把握するのってコストが結構掛かります。時間という限られた資源を割くことになりますから、体力的にも精神的において多少なりにも疲労するのは確実です。

重要なのはバランス

当然と言えば当然ですが、バランスが必要です。また個人によって適性は異なるため、自身の限界値を超えないように家計を把握するということが重要と言えるのではないでしょうか。

基本的には家計を常に把握できているのがベストではありますが、それは少しづつ慣れるべきで、また状況によってそのバランスを調整する必要がありますから、そのため一番大切なことは、その感覚を掴んでいくという事ではないでしょうか。言い換えればお金のマネジメント能力を高めるという話になるのかと考えます。

なお家計の把握については、インターネット経由で支出の把握が簡単なクレジットカードをオススメしたい所ですが、本筋からはズレるためそこは割愛しましょう。


スポンサードリンク