【配当】2018年8月分の配当結果

2020年4月29日

配当金を語るには様々な話があるのですが、ただやはり配当金は手元に直接入るためお金に少しでも余裕ができることから、心の安定の意味でもその存在は非常に大きいと考えています。

そんな配当金ですが、今月も頂くことが出来ましたので記載して行きましょう。ではいつも通り、米国・日本に分けて表示していきます。

■米国の部

米国
口座 ティッカー 銘柄名 数量 税引き前 税/手数料
引き後
国内支払日
特定 T AT&T 10 5 3.61 2018/08/02
PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF 115 20.26 14.59 2018/08/08
BND バンガード 米国トータル債券市場ETF 20 3.74 2.71 2018/08/10
NISA T AT&T 10 5 4.5 2018/08/02
PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF 14 2.47 2.23 2018/08/08
AGG iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF 10 2.51 2.26 2018/08/08
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR 10 6.28 6.23 2018/08/14
NGG ナショナル グリッド ADR 20 41.22 40.82 2018/08/16
合計 ドル 76.95  
円換算
(110.00)
8465

■日本の部

日本
口座 ティッカー 銘柄名 数量 税引き前 税/手数料
引き後
国内支払日
特定 9281 タカラレーベン・インフラ投資法人 1 3976 2800 2018/08/16
1566 上場インデックスファンド新興国債券 10 4860 3873 2018/08/17
合計 6673

 

■合計

2018年8月の配当金 15138円
2018年1月1日~2018年8月31日までの配当金 152979円

 

今月は日本の配当金が2件で、米国側が相変わらずの毎月分配型とその他あわせて約1.7万円となりました。頂いたドルは来年のNISA口座買い付けを目標として、直ぐにMMFへ変換しています。

新興国債券と、20株保有しているADRのNGGより分配金が出たため、そこが牽引した形となっています。ちなみにNGGは株価が下がり続けていることにより-154ドルの含み損となっているため、トータルリターンをプラスにするためには数年かかりそうです。

私としては40歳までに年間で90万の配当をいただけるようにポートフォリオを組みたいと考えてはいるのですが、それに到達するためには3000万円以上の資金が必要な計算です。実際のところはiDeCoにて投資信託を強制的に購入して資金配分が難しいため、まず無理かなとは思っています。

リスクを無視することが出来れば、分配金の沢山出るリートで全部固めて2000万円付近でも十分達成できますが、そこまでリスクの高いポートフォリオを組むと市場に変化があった場合に大変なことになりそうですので、その勇気を出すことは難しそうです。

そしてあと4ヶ月で2019年となりNISA口座の買い付けが可能となります。早く来ないかなと思いつつも、また歳を重ねる日に近づくことから時間の残酷さを実感するハメになりますので、複雑な心境を抱きつつ配当を受け取る私でした。

配当

Posted by mortinvs