マネックス証券の米国株取引における最低手数料が0.1ドルへ

各所で既に話題になっている事かと存じますが、マネックス証券の米国株取引にて、2019年7月8日(現地約定分)から取引手数料における最低手数料が凄まじく大きく引き下げられるとの発表がありました。

それに合わせて買付時の為替手数料も半年だけ無料となっておりますが、手っ取り早くその内容を示すと、以下の通りとなります。

  • 米国株最低手数料:5米ドル→0.1米ドル
  • 為替手数料(買付時):1ドルあたり25銭→無料(2019年7月8日~2020年1月7日まで)

0.1ドルへの変更とは大きく出ましたね。米国株が注目を集めてきている昨今において、ここぞとばかりに大きな一手を打ってきた、そんな印象があります。

ただし最低手数料のため、多くの金額を買い付ければそれなりに取引手数料が掛かる事は注意が必要です。その基本的な取引手数料は約定代金の0.45%となりますので、要は少額による買い付けに恩恵があるという事です。例えば極端な話で、安い米国株を1株だけ購入すると0.1ドルだけを支払う、その様な状況が考えられます。

為替手数料については、買付時という制限と半年間だけの期限付きではありますが、スプレッド無しという大きなサービスを提供するとのこと。これも購入する際には余計な気を回すことが少なくなるため、とても良いサービスですね。

元から米国株の買い付けにおいて、手数料の還元サービスなどを行ってきたマネックスですが、ここで他社との大きな差別化を図ってきたようで驚きました。

私もSBI証券における米国株取引については、最低手数料の問題から買い付けを制限している状態ではあるため、これがある程度クリアされるということは望ましい事ではあります。

日本株と単元が異なり、米国株は1株からの単元と小さいため、安い価格で購入するというのは幅広い選択肢が生まれます。好きな銘柄をつまんで購入する、そんな小さいことが可能となるでしょう。ただし今回の最低手数料の変更に関しては、常に10万円などの大きい金額で取引をする方であれば恩恵の無いものではあります。

そして、総合して考えると本件は「マネックスで非常に素晴らしいサービスが出てきた!」という印象を受けるため、是非とも他社にも似たような素晴らしい手数料の改定を祈りたい所ですが、それも無理しない程度に追随して欲しいとは考えています。これはマネックス攻めすぎている様にも見受けられるため、利益は大丈夫なのかなと心配する事でもあるためです。

しかし今回のマネックスの料金改定については、米国株を始めている方も、これから始める方も、恩恵のある素晴らしい試みです。私のマネックス口座は一応ながら活用はしているため、資金に余裕があり、他社の追随が見られないようであれば変更しても良さそうです。もともとマネックスは銘柄調査において素晴らしいツールもありますので!

あとこれは本件と関係ない上に難しいモノではありますが、ASEAN株の手数料もどうにかなると嬉しいのですよね…手数料がガッツリ下がれば、新興国株に投資する勇気が湧きそうできそうですので…(泣)


スポンサードリンク