自由売買枠のポートフォリオ 2018年6月23日時点

自由売買枠とは私のポートフォリオの一部で、ほぼ雰囲気で自由に売買しちゃおうという領域です。それ以外は配当を受け取ることを基本として、売却は滅多にしない株式さん達です。

そして現在の自由売買枠のポートフォリオを下表に示します。設定金額はおおよそ170万くらいだと思ってください。

ティッカー 銘柄 保有枚数 購入価格 現在価格 損益 価格
AMD アドバンスト マイクロ デバイシズ 20 16.68 15.77 -18.4 36696
NVDA エヌビディア 10 266.68 251.6 -149.6 293348
1557 SPDR500 1 29680 30300 620 29680
7912 大日本印刷 100 2509 2449 -6000 250900
8591 オリックス 100 1909 1788.5 -12050 190900
3292 イオンリート投資法人 1 124399 123300 -1099 124399
9283 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 1 100913 108800 7887 100913
9281 タカラレーベン・インフラ投資法人 1 104135 118800 14665 104135
9501 東電力HD 400 449 511 24800 179600
現金 400000
合計 28655 1710571

早速NVDAが含み損で笑っちゃいました。今日はNYダウが上がって、NASDAQが少し下がる程度ですが、NVDA我関せずのように-2%と元気よくマイナスの方向へ爆進しています。あとAMDのだらしない感じも好きです。

総合的に見て太陽光発電系REITと東京電力にてプラスを辛うじて保っている状態です。日本株は力強さを感じる次第でありますが、ただ購入した時期が去年であったため、それは当然と思う所です。

なお太陽光発電系REITは、太陽光のトレンドが来そうだと思って購入しました。タカラレーベンは2株保有していましたが、今年の3月頃に1株売却してしまっています。

イオンリートに関しては2回の配当にて+4000を受け取りっているため、実質含み益です。7月が配当権利月になるため暫くは堅調に推移しそうですが、その後が怖いため、ある程度プラスになるようであれば売却し、価格が良いところまで下落すれば再度の購入も検討です。

元々ですが、私のポートフォリオはREITが比較的に多めです。そして最近は日経平均とあまり連動しない動きをする時があり、日経平均が下がってもREITは堅調であるパターンがザラなので、含み損をマイルドにしてくれている状態です。

なお、大日本印刷は最近購入しました。早速マイナスですが、これはケースによって結構な長期での保有を覚悟しており、配当も2%半ばと極端に悪いわけでもないので場合によっては自由売買枠から日本株枠へ移動も良いかもしれません。

そしてオリックスが安くなってきたため購入したいと考えているのですが、しかし米国と中国の貿易戦争の行方を見守り、結論を出すこととしましょう。



 

■最後に

売買は貿易戦争が終わるまで極力控えます。今回ので変な関税の適用がされたら経済構造が少し変わりそうだな~と妄想しているからです。

あとグロース株は来年の上旬~中旬までには売却を考えています。


スポンサードリンク