国債

2019年の米国債発行額が確定しているため、早速ではありますが内容を記載して行きます。

2019年は国債発行額が減少している

まず年単位でどれだけの国債を発行しているのか、リーマンショック前の2007年~現在に掛けてのグラフ ...

国債

米国債自体の発行状況を見ても金利の変化へと即座に結びつくことはありませんが、もしかすると今後の推移が多少なりにも見えてくる部分があるのではないかという考えから、この記事を作成しています。

2019年7月17日時点での国債発行額

国債

少し前には米中による貿易の軋轢が高まりを見せつつありましたが、結局のところ大きな改善は見られることなく、継続して協議が続けられる事となりました。

そのような中で、米国債利回りの状況について確認したところ、再び逆イールドに突 ...

国債

3月に行われたFOMCでは米国金利が上昇することなく、パウエル議長からは「忍耐強く見守る」という慎重な表現が出ました。つまり現時点では金利を上げないが、状況によってはどちらにでも動かす準備がある、そんな状況ではあります。

...

国債

2018年の米国債発行額が確定したため、早速ではありますが内容を記載して行きます。

2018年は国債発行額が顕著に増加した

まず年単位でどれだけの国債を発行しているのか、リーマンショック前の2007年~現在に掛けてのグラフで ...

国債

日本も米国も貿易戦争で株価が揺れていますね。私も一気に10万の含み損が増えて現在進行形で昇天中です。

暫くはピンチはチャンスと捉える必要がありそうです。ネガティブな時ほど、ポジティブに考えて自身の思考と感情を落ち着かせる必 ...

国債

前回 → 

利上げについて書いていきます。今回は表面金利が上がったという設定にて記述していきましょう。

 

■今回の本題、利上げによる影響

米国から利上げの発表がされ ...

国債

前回:

前回は国債も売買によって価格が変動し、金利が影響するということを簡易的に説明しました。今回は国債の金利を複雑化させている要因の一つである、残存期間にスポットを当てて説明していきましょう。

説明するにあた ...