【配当】2020年5月分の配当受領結果

2020年7月3日

一ヶ月分の配当金が確定しましたので、いつも通り米国・日本に分けて表示していきます。

米国の部

口座 ティッカ 銘柄名 数量 税等/手数料
引き後
特定 T AT&T 10 3.75
NISA AGG iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF 10 2.13
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR 10 6.37
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 14 2.15
PM フィリップ モリス インターナショナル 20 2.27
T AT&T 10 4.68
MO アルトリア グループ 5 3.78
合計 ドル 25.13
円換算
(108.00)
2714

日本の部

口座 コード 銘柄名 数量 税/手数料
引き後
特定 3048 ビックカメラ 100 797
NISA 3290 Oneリート投資法人 2 15778
1698 上場高配当100 60 2320
1489 日経高配当株50 7 8535
合計 27430

合計

2020年5月の配当金 30144円
2020年1月1日~5月31日までの配当金 87441円

5月の配当金3万円近くとなり、意外に多くの額を頂くことができました。実は去年より3000円近く多めの配当金であることに驚いている状態ではあります。ただし4~5月の間にかなり多くの高配当銘柄を売却したため、数か月後の配当は減少していくのではないかと考えています。

あと暫くは高配当での投資を控える予定であり、その代わりとして、成長性の高い企業への投資に切り替えている状態です。何故その様にしたかと言うと、昨今の相場は金融相場の香りがプンプンする状態になって来ているためです。

全てという訳ではありませんが、この状況では企業のキャッシュは少なくなることから配当は減少する可能性が高い。しかし何故か株価は上昇するため、チグハグな状態となりそうだと思っているからです。

あくまで主観的という点での前置きをしておきますが、金融相場となるのは余ったお金が暴走して、株式市場へと流れていることが要因として挙げられると思っているのですが、現在はそれが起こってしまっているのではないかと考えています。

しかし全てにおいては体力と言うものがありますので、それが尽きる頃に爆発するかもしれないという予感を持ってはいます。

また現在は人類が遭遇したことの無いという単語が出てくる状態であること、また情勢による要因によって一気に流れが崩れる可能性も孕んでいることから、もはや過去データの照らし合わせや、それの予想や予測は役に立たない可能性もあると思っています。

そして最近はコロナ関連も極めてヤバイとは思っているのですが、それよりも隣の国の動きが極めてヤバイと感じています。実は投資よりもそっちの方が気になっており、世界各国が混乱の最中に決定的で極めて重大な事を実行しないことを祈るばかりですが、もうそれをやっている様にも感じ取れる気もするのが参ったところです。

配当

Posted by mortinvs