目まぐるしく変わる情勢で銘柄の選考も変わる

最近は記事を書くのを激しくサボりがちなのですが、実際は正直な所を言うと、ブログを書ける余裕を確保できないくらいに情報が飛び交い、またそれが整理できないくらいになって来ているのが現状です。

もちろん投資は継続してやっていて、特に個別株の取引きはそれなりに売買しています。またまだ銘柄の入れ替えは納得するまでやっていないので、これからNISA口座の銘柄をさらに売却することも考えているくらいです。特にJ-REITの処遇をどうするか決めかねていることから、もしかすると多数銘柄の売却もあり得るかもしれません。

そして昨今では、各国の情勢に激しいほどの動きがあります。特に米と中が凄すぎて理解が追い付かないとも言えるほど。予め今回の騒ぎで凄まじい事にはなりそうだと思っていましたが、それが段階的に強い状態になってきましたね。

特に香港絡みは投資に極めて強い影響を及ぼすので、かなりの危機感を覚えつつはあるのですが、それよりも、金融の都市として機能してきた所が大きな変化を生じることとなりそうなので、次の代役は何処となってしまうのか、そして香港ドルはどうなってしまうのか等、気になる情勢と情報が凄く多い。今やたった一日の情報を取り逃しただけで分からなくなるレベルだとも感じるのです。

そして私の投資しているVTはどうなるのだろうかと戦々恐々していますが、そうなった時にVTは銘柄の入れ替え等を実行するのだろうと思いますので、あまり気にしない方が良さそうだとも思っています。

しかし情勢が変わるという事は、それに伴い経済が変わるという可能性もあり、それが要因でとある個別株が上昇傾向から下落傾向へと転じることも普通にあり得るわけですから、ここでも一日の情報を取り逃すだけでおかしなことになりそうな、難しそうな局面とも言えそうです。

そのような状況の中で私はポツポツと銘柄の入れ替えを行っていますが、最近の銘柄を選考する中で大きな変化が生じてしまったのが、配当利回りというものをあまり見なくなってしまったという部分です。

直近の決算では多数の銘柄が無配転落してしまったというのは仕方がない事ですが、しかし昨今の状況を踏まえ、暫くの間は配当というものの見方を少し変えた方が良さそうだとも思っているフシが少しだけあるため、配当利回りをあまり軸に置かなくなりました。

もちろん配当は好きですし、今後も配当が見込める銘柄を継続して購入していく事が良さそうだとは思っているのですが、でも配当好きだった私の軸がブレた一つの理由としては、この状況で強く貢献できる企業、そして私が成長することを切に願っている企業に投資したほうが、腹に落ちるのかもしれないとの考えたためです。

雑記

Posted by mortinvs