身内であったアイテム使用における方向性の違い

会社で仕事を共にする方を集めて4人でゲームをやっていた時に、アイテムの方向性で少し違いを感じたことがありました。

とあるチケット型のアイテムがあるのですが、これが貴重なアイテム1個と交換できる仕組みとなっており、これによって面倒な作業が軽減できるという優秀なチケットが存在します。

交換先である貴重なアイテムですが、入手が確立となっていることがまた曲者なのです。交換するアイテムの種類にもよりますが、平均で1~2時間プレイして一個手に入るかどうかの領域ですが、運が良ければ2~3個手に入るかもしれないという、かなりブレのあるものなのです。

またこのチケットは、継続的に入手が可能というものです。ゲーム内でプレイして行く事によって貯める事ができますし、イベントが開催されれば多く入手可能となる事が予想されます。

そしてゲームをプレイしている最中に、このチケットの取り扱いについて2対2で方向性の違いがありました。それは直ぐに使うか、将来何かあった時のために直ぐには使わずストックをしておくかの違いです。

まず4人のうち、2人は直ぐ使う派として名乗りを上げました。つまり欲しいモノが出た瞬間に、真っ先にチケットを消費して貴重なアイテムと交換するのがセオリーだ、という事でした。

変わって私を含めた残りの2人は、使わないでストックしておく派です。今は多少時間を犠牲にすれば貴重なアイテムが手に入るため、優秀なチケットは将来の為に取っておくスタイルだ、という事です。

そして少し面白いと思ったのが、この両者は株式投資をしている側か、そうでない側かの違いがあった事です。いや、実際は少し異なる見方が良いかもしれません。厳密には株式投資している側については、株式投資をしているが故に、お金とか還元率とか利回りなどの事にシビアになっている側と言えばいいかもしれません。

もちろん株式投資をしていない側は、ソッコーでチケットを使って貴重なアイテムを手に入れる方です。この2名についてはお金の使い方が少々荒いと感じる面が多々あり、かなり楽しんで攻めのお金の使い方をしているな、と言う印象です。

この様に、お金に関する立ち回りの違いによって、チケットとの取り扱いに関する方向性が異なってきたというのが今回の話になります。

でも私のチケットを取っておく派としての立場からすると、直ぐ使っちゃうというのは凄い効率が良いとも言えるのですよね。正直羨ましいとも思う所があります。だって直ぐにチケットを使う事によって、その貴重なアイテムを使って早めに楽しむことができますし、1~2時間を消費するストレスからも解放されます。

チケットをストックしておくことによって将来何かあった時に多少の対応は出来ますが、チケットは継続的に入手できるなどの条件があって、溜める派の私としては複雑な感情を抱きつつ、またチケットを貯める作業に入るのでした。また今回2派に分かれたのはあくまで偶然かもしれませんが、その様な共通点があったのは少し面白いな、と思った次第です。


スポンサードリンク