iDeCo運用実績-2019年2月11日時点

2020年5月12日

iDeCo(確定拠出年金)の運用状況を公開していきます。なお2018年8月よりiDeCoの運用を開始していますが、現在のところ6回目の買い付けを行っています。

また私のポートフォリオは、他の方にオススメはできない相当なリスクまみれの構成を取っています。ですが運用ブログの一つとして見て頂けますと幸いです。

マイナスは緩和したが…

上記からは分かりにくいですが、以下の構成比でポートフォリオを組んでおります。

  • 楽天VT:60%
  • 楽天VTI:30%
  • 外国リート:10%

先月より新たに23000円が入金されましたが、手数料によって167が引かれ、22833円の買い付けとなっています。

そして今回は評価損益が−2034となりました。先月の今頃は−10257円でしたが、市場の回復により大きく緩和した形となっています。

そして投資信託を個別に見て行くと、楽天VTと楽天VTIはまだ含み損となっていますが、外国リートの方が堅調に推移しており、プラスとなっていることが面白い部分です。

まだまだ市場はマイナス圧が強い

1月から2月初旬に掛けて市場は回復傾向にありましたが、NYダウのチャートとしては長期を示す300日移動平均線などを基準として折衝している様に動き始めています。

基本的には下値方向の圧力が強いものだと見ていますが、今後出てくる情報によって上に抜ける可能性もあるため、その判断が難しい所です。

とはいえiDeCoは毎月中旬に強制的に買い付けを行う積み立て方式であるため、チャートなどを気にしなくて良いのは利点でしょう。私自身もマイナスになったとしても気にすることなく、ほったらかし投資状態です。

ただ最近は額が積みあがるにつれて、他口座との整合性を取る必要があるのかなという印象を持ちつつあります。iDeCoは基本的には運用益が非課税の口座ですので、その特性を頭に思い浮かべつつ、そもそもの自身が考えている基本的な投資スタンスを考えつつ、ポートフォリオ等の比率調整を行う必要が出てきそうです。

おわりに

今までのiDeCo運用実績等を纏めたページを以下に貼り付けておりますので、お時間がある際に閲覧頂ければ幸いです。

●iDeCo運用実績