鬼の様に難しい相場ですね。試されている感が凄いです

昨今は難しい相場ですね。強烈な下落に続く下落となる歴史的な瞬間に立ち会っている状態であり、市場から試されている感をずっと味わっている気分です。

今回は継続的な下落の要因が雪崩の様に重なったりしていることもあり、既に複雑すぎて分からないレベルです。でも急落しているという事実から、口座の数値的なものと、精神的なものが削られていく恐ろしい相場です。

かくいう私も、恐らく20%くらいのマイナスを食らっているので内心穏やかではないと思いつつも、投資先の企業がダメージを負う事は確実だが即座に無価値となるわけではないこと、そして現物のみで信用取引は無しとしているのでロスカットが無いことが、「まだマシな方。どうにでもな~れ」という変な感情を保っているのだと思っています。

また滅多にない市場の流れですから、ここで動くのも面白いのではないかと考え、NISA口座を埋める目的で数銘柄を購入してはいるのですが、直ぐに含み損に突入している銘柄もあります。

でもこの相場に参加できたというのは謎の達成感があり、変な気持ちの良いものを感じました。しかし、この混沌とした状況は終わった訳ではないですから、恐らく後日には絶望感が襲う事になる可能性がありますので、その時はブログのネタとして笑う事にします。

また今回の暴落についてですが、例のウィルスが発端、かつ主体となって下落の流れが作られてしまっています。その上で私が知る範囲では、大統領選挙やら原油やら円高やらが重なっていますね。

その中でコロナの所感を…と言いたいところですが、この問題は複雑で繊細であることから、非常に触れたくない内容です。ただ一点だけ述べるすれば、この様な問題は定量的、定性的な手法を用いることが、判断としての一つの基準を作り出すことになり得るものだと考えています。

しかし市場はそれを含めた上で、さらに感情やその影響も兼ねて動くのでしょうから、投資という範疇では、それだけを用いるのはカバーしきれないのが厄介です。

でも円高は予期せぬもので、ここまでのレベルはかなり驚いていますが、オリンピックやら今後の状況によってどちらにでも動く可能性があることから、全くもって分かりません。

そして最後に私が今考えているものとしては、米国における短期債券と長期債券の金利が0になったら、債券系の銘柄からは極力手を引こうと考えています。特に社債を含むものは出来れば避けたい。私のポートフォリオ上ではそれがAGGやBNDのことを指しているのですが、AGGはNISA口座で購入してしまっているのが難しい所です。

雑記

Posted by mortinvs