【株主優待】ライトオンの優待が到着-2019年12月2日

2020年4月13日

ライトオンの株主優待を受領したため、ブログ記事を上げる事にしました。早速ではありますが、内容を記載して行きます。

3000円分とその他の株主優待を受領

2019年8月には100株保有していたため、以下の優待券を受領しました。

ライトオン株主優待

1000円×3枚と、オンラインショップにて使用可能な10%OFFの優待券を受領しています。

なお3000円分の優待券はライトオンが経営する全店舗(ただし、オンラインショップは除く)で使用可能でな優待券となっています。オンラインショップ(10% OFF)の優待券は使用しない可能性が高いでしょう。

ちなみに3000円分の優待券は、店舗にて下着等の交換を目論んでいます。

2019年の株主優待は

所有株式数 優待券の金額
100株~499株 3,000円(1,000円券3枚)
500株~999株 5,000円(1,000円券5枚)
1,000株以上 7,000円(1,000円券7枚)

優待の頻度は年一回となっていますが、基本的には8月20日にて株主名簿に登録された方に、株主優待の権利が付与される仕組みとなっています。つまり、一般的な月末を権利付き最終日とする銘柄とは異なるため、その点は注意が必要です。

ちなみに、ライトオンの株価については2019年12月5日時点で1株609円となっています。これは諸々の理由により、下落傾向にあります。

ライトオンの株主優待はオススメできるか

業績の悪化により株価は下落を続けたため、株主優待利回りは5%近くとなってはいますが、オススメできるかというと、何とも言えない状況です。

ライトオンはこの数年間と企業の売り上げは減少を続けており、経営は徐々に苦しくなりつつある状態です。オンライン販売に力を入れつつの状況ではありますが、実店舗も含めて経営が上手く行くかは分かりません。

実は、私はライトオンの株式を9月頃に売却しています。何故かと言うと、環境的に厳しい流れになって来ているため、場合によっては更なる下落も考えられるとの所感があったためです。別の企業が隆盛して飽和してきたという事もありますが、しかし、8→10%への消費税増税を一つの転換期としてトレンドがうねりつつ変わるのではないか、と考えたためです。

ですが、ライトオンは私が子供の頃からお世話になっている企業であるため、このままでは終わって欲しくないと考える銘柄の一つです。いつか必ず隆盛して欲しいと願うばかりですが、ここは一旦身を引くこととし、再びライトオンが日の目を浴びた際に、投資を試みることとします。

終わりに

また優待関連の記事一覧を以下に貼り付けておきますので、お時間のある際に拝見していただけますと幸いです。

●株主優待関連の記事一覧