【株主優待】クリエイト・レストランツHDの優待が到着-2019年11月9日

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待を受領しました。

略してクリレスは株主優待の中でも知名度がそれなりにあるため、保有されている方も多いのではないでしょうか。今回はその優待受領記を記載していきます。

3000円分の株主優待を受領

2019年8月には100株保有していたため、3000円分の株主優待を受領することができました。なお、受領した優待券は以下の通りです。

500円×6枚と少額で分割されているため、小分けにして使用することも出来ます。

クリレスの株主優待は食事券であり、クリレスのグループに属している日本の店舗で使用可能であるため、特に都心部にお住まいの方にはかなり使い勝手の良い優待券です。

その食事可能なものを数点あげると、以下の通りとなります。

    ラーメン、しゃぶしゃぶ、スイーツ、ローストビーフ、居酒屋、お寿司、パスタ、ピザ、中華、牛かつ、蕎麦、うどん、焼肉、ステーキ

要は優待券を使用することが出来る店舗が豊富であるため、多くの選択肢が用意されているとも言えます。ただし地域によって店舗数に差があるため、お住まいの場所によりけりという事が欠点でもあります。

しかし、このクリレスの株主優待の面白い所は、SFPホールディングスの株主優待と同時に使用可能な店舗が多数あるという事です。このため両株式を保有していると、8月の権利日に届く優待券のうち、クリレスが3000円分、SFPが4000円分と合計7000円分のお食事が可能となる強みも存在します。

なお、私は優待券を使用してステーキなどを食べましたが、毎回優待券が届く度に雛鮨へと足を運びたいと考え、結局は行かずで終わってしまう様な使い方ばかりしています。

2019年8月末時点での株主優遇の状況は

クリレスの株主優待の現状は以下の通りとなっています。

保有枚数 2月末日 8月末日
100株~499株 お食事券 3000円分 お食事券 3000円分
500株~1499株 お食事券 6000円分 お食事券 6000円分
1500株~4499株 お食事券 15000円分 お食事券 15000円分
4500株以上 お食事券 30000円分 お食事券 30000円分

昨年から変更は無く、100株を購入するだけで年3000円×2回のお食事券を貰えるという、かなり優秀な株主優待とは言えます。

ちなみにクリレスには長期保有特典があり、それは以下の内容となっています。

  • 200株以上を1年以上継続保有した場合:お食事券1500円分×年2回を追加贈呈

つまり200株を1年以上継続保有すると、通常の分と継続保有分を合わせて年4500×2回を受け取ることが可能となります。もちろん同一株主番号での継続保有となりますから、途中で売却・購入を行ったり、貸株に流したり等の行動を行うと権利を失う前提で考えましょう。

もちろん利回りを計算すると100株だけ保有した方が良いことは事実ですが、優待券を使用できる店舗が近くにあるなど、状況によって200株を保有し続けることはアリかもしれません。

クリレスの株主優待はオススメできるか

株主優待の使い勝手は高く、お住いの地区によって様々な美味しいものを頂くことが可能であるため、何かと面白い株主優待と言えるのではないでしょうか。資金に余裕があればSFPホールディングスの株式も保有することによって、両者の優待を同時に利用する選択肢も存在します。

売り上げは増加傾向にありますが、純利益はそれなりに波のある企業です。これはM&A、そして店舗の出店や改装、また人件費の上昇などが背景として考えられるため、なかなか決算が読みにくいのが難しいところです。また予想PERも約45と高く、優待の底力によって株価が高くなっている背景があります。

経営の悪化は現在のところ見受けられませんが、外食産業は競争が熾烈であることから、魅力的な他社が力を伸ばす事によって、たった数年で窮地に陥る事もあるので保有には定期的な観察が必要です。現在のところは売上高が緩やかに成長中であることから株主優待悪化の兆候は見受けられませんが、定点観測を心掛けた方がよいでしょう。

私はクリレスを数年前から保有し続けていますが、今のところ売却予定はありません。やはり優待が強力な性能を持っていること、また直近の業績は良い方であると考えているため、このまま継続保有をする見込みです。

最後に

また優待関連の記事一覧を以下に貼り付けておきますので、お時間のある際に拝見していただけますと幸いです。

●株主優待関連の記事一覧


スポンサードリンク