ブログ作成でネックとなるのは時間を消費すること

ブログ作成には様々な目的があるものですが、それは情報の発信を目的としているものであったり、収益化なども主要な項目として挙げられますが、もしかすると暇つぶしなどがあるかもしれません。書く人はサラリーマンなどの立場等、何らかの形で社会に貢献している方々が主体となってくるとの認識ですが、その方々にも仕事と家庭がありますよね。

私に関してはサラリーマンというカテゴリで、ブログの立ち位置はかなり中途半端です。情報発信を目的としたいこともありますが、収益だって出来れば上げたいと思っていながら力はあまり入れていないこと、そしてブログを通して知識の増加を目的としつつも、本腰を入れ切れていないという背景があります。

こんな中途半端な立場だとしても、ブログの更新には時間をそれなりに要します。記事の内容によってかなりブレはあるのですが、大体一記事に1~3時間を消費していることになるでしょうか。

今書いている様なこのフワっとした内容の記事は、おおよそ1時間を要します。キーボードを叩く速度は遅くもなく、速くもないとは自負していますが、記事を内容を次々と繋げて行く速度が遅いため、1時間を要している事になります。

変わって内容が少なからずコアで、数値などが絡む場合は下手すれば3~5時間かかるケースもあって、ブレ幅というのはかなり大きいです。つまりしっかりした内容を目指すとなると、それなりの時間を要します。(でも記事の内容がちょっとおかしい場合もあります)

そして、この記事の更新で使用する時間は仕事などで活躍することが可能な時間であり、また勉強等で使用することが可能な貴重な時間です。それらの時間を削ってブログを更新することになるため、必ず何らかの犠牲を払った上でのブログという生成物を残すことになる訳です。

これらの背景があるため、ブログというものは立ち位置が難しいと日々常々思う訳なのです。ぶっちゃけ無駄と思える瞬間が非常に多くありますし、それ以外に時間を割り振っている方が圧倒的に良いとすら思うことが少なからずあります。

残業が可能で、かつ残業代が納得する様な額が出るような立場であれば、仕事をしていた方がまだマシと言えることがあります。ただこれは、一握りのブログが成功している方を除いて、という単語を付けた方が良いかもしれません。

この様に、ブログというのは立ち位置が非常に難しく、あまりお勧め出来るようなシロモノではないとすら思う瞬間があります。しかしこれは、私があまりブログの収益化に成功していないという側面もあるかもしれません。

でも私がブログを続けている理由は、無駄と思えるようなことも意外と重要であったりすることがあると、認識しているからです。いや本当に何が重要であるかなんて分かったものではないのですよね。大した重要だと思っていないことも、実は続けて行くと重要な役割を果たしていたなんてこともあり得ます。私はブログの更新にそれもあるのではないかと妄想しつつ、最近は更新頻度を激しく落としちゃっていますが、続けて行くのではないかと思っています。


スポンサードリンク