【株主優待】SFPホールディングスの優待が到着-2019年5月23日

SFPホールディングスの株主優待を受領したため、ブログ記事を上げる事にしました。早速内容を記載して行きます。

4000円分の株主優待を受領

2019年2月には100株保有していたため、4000円分の株主優待を受領することができました。なお、受領した優待券は以下の通りです。

1000円×4枚となっており、100株の保有にしては多めの優待となっています。

SFPはクリエイトレストランツの子会社であることもあって、SFPの株主優待はクリレスに属する多くの店舗で使用可能です。つまりSFPと、クリレスの株主優待の株主優待券を同時に使用出来る店舗もあって、かなり使い勝手の良い株主優待とも言えます。ただしSFPの優待券しか使用できない店舗もあるため、使用の際には事前に確認しておく必要があります。

ちなみにSFPの優待券を使用して食すことの出来る例を挙げると、以下の通り様々な種類の店舗で優待券を使用することが可能です。

    ラーメン、しゃぶしゃぶ、スイーツ、ローストビーフ、居酒屋、お寿司、パスタ、ピザ、中華、牛かつ、うどん、焼肉

カテゴリが色々と混ざっていますが、要は優待券を使用して食することが出来る選択肢が豊富過ぎるということです。




今回の株主優待は

基準日 2月末日 8月末日
贈呈時期 6月上旬 11月中旬
保有枚数 100株~499株 お食事券 4000円分 お食事券 4000円分
500株~999株 お食事券 10000円分 お食事券 10000円分
1000株以上 お食事券 20000円分 お食事券 20000円分

100株保有するだけで、年間2回のお食事券(4000×2)を受け取ることが可能であり、これがSFPホールディングスの強みとなっています。

なおクリレスの優待は年間3000×2となっていますが、子会社のSFPの方が拡充している形で受領することが出来ます。しかし、前述の通りクリレスの優待券と比較すると使用可能な店舗がいくつか限られていることから、その点は注意が必要です。

また2月の権利日は贈呈時期が6月上旬となっていますが、今回は5月23日と早めに受領しました。

SFPホールディングスの株主優待はオススメできるか

2019年2月期の売上高は微増といった所ですが、純利益としては減少しています。また来年の予想としては利益の減少となっており、つまり弱気であるため少々不安が残る所ではあります。

この傾向が長く続けば優待改悪は待ったなしですが、しかし内部に保留している余剰金が多く、また有利子負債自体はほぼ無いことから、財務のやりくりは上手く調整している印象です。また余剰金から来る体力は良好であることから、直近で株主優待の改悪は無いのではと思っています。

以上を踏まえ、株価下落の圧力は緩やかに続く可能性が高いと見ているため、長期保有にはSFPホールディングスの筋肉質な経営を信じる強い握力が必要です。もし株主優待だけを欲するのであれば、一般信用の在庫を確認の上で、つなぎうりを行う慎重さが必要かもしれません。

ちなみに私は、全身に傷を負いつつの厳しい環境ながらも、店舗の進化と前進をやめない筋肉質なSFPホールディングスの経営を信じて、ホールドを続けています。

最後に

優待関連の記事一覧を以下に貼り付けておきますので、お時間のある際に拝見していただけますと幸いです。

●株主優待関連の記事一覧


スポンサードリンク