楽天ペイはコンビニで期間限定ポイントを消費可能な使い方がある優秀なアプリ

楽天をお使いの方は期間限定ポイントの消費に悩まされることが多々あると思います。折角貯めた期間限定ポイントが期限に近づいてしまい、それを消費するのに楽天市場で買い物をする、このような場面が多々あるのではないでしょうか。

ですが楽天ペイはそれを解消する一つの手段として用いることが出来ます。何故かと申しますと、ローソンでのお買い物で期間限定ポイントの使用が可能であるからです。

楽天Payは期間限定ポイントが自由に使用できる

楽天ペイのアプリを起動するとバーコードが表示されるため、それを読み取ってもらうだけで清算自体は完了しますが、期間限定ポイントを消費したい場合は以下の手順が必要です。

  1. トップ画面右下の「設定」を押下
  2. 「一部使う」ボタンを押下
  3. 使用するポイントを入力
  4. 「OK」を押下
  5. バーコードを読み取ってもらい、清算する

この手順でOKです。本当に設定されているか確認する場合は、4の後に「設定」ボタンの横を確認し、「ポイント/キャッシュを100まで使う」などと表示されていれば大丈夫です。その状態で店員さんに読み取って頂きましょう。

全てポイントを消費するという設定もありますが、通常ポイントを残しておきたい場合や、何らかの理由である程度の期間限定ポイントを残す必要のある状況では前述の手順が良いでしょう。また、3で表示される画面で「次回もこの設定を使う」にチェックを入れてしまうと購入する度に設定したポイントが消費され続けるため注意です。

ちなみに期間限定ポイントにも細かく期間が設定されており、期限の短いものもあれば数ヶ月先に無くなるものもあります。もちろんこのアプリでポイントを消費した場合は、楽天市場などで使用した時と同様に期限の短いものが優先して消費されます。

ちなみに清算の大まかな流れとして、お支払いの空気になれば「支払いは楽天ペイでお願いします」と言えば店員さんがバーコードリーダーを取り出すので、スマホの画面を差し出してバーコードを読み取って貰えば数秒経過した後に清算が完了するという流れです。




楽天ペイ単体の還元率はそこそこだが、クレジットカードと合わせてポイントは2~3重取り

楽天ペイ自体のポイント付与としては200円に1ポイントとなるため、還元率としては0.5%になります。

ただ楽天カードのクレジット支払いと連携して合わせるとポイント2重取、dポイントカードかPontaカードを使用すれば3重取りとなるため、つまりPontaカード1%、楽天カード1%、楽天ペイ0.5%を合わせておよそ2.5%となるため、そのポイント付与力は中々に高いです。

しかしこの楽天ペイを使用可能なコンビニはローソンのみと限られていることが欠点です。それに加えて通常のローソンではdカードを使用すれば3%の割引、かつ2%のポイント還元が適用されて5%に近い利回りを確保できるため、性能としてはこちらの方が上であったりします。

そう考えると、dカードがある方であれば期間限定ポイントの消費方法の一つとして考えるのがメインかなという所です。

また使用出来るコンビニがもっと増えれば良いのですが、今のところはローソンのみであるため今後の展開を期待したい所です。

ちなみに私は喫煙者ということもあり、タバコは楽天ペイを使用してローソンで購入しています。もちろんポイントが付くため、楽天ペイのポイント付与分だけで月に40ポイント程を獲得しています。でもよく考えればタバコを辞めるとポイント以上の節約になるわけですから、やっぱり健康を含めてタバコ駄目、ゼッタイ。


スポンサードリンク