楽天スーパーポイントスクリーンの仕様変更で楽天ポイントの投資信託購入が少し加速するようになった

スマホで起動できる、おこづかいアプリの楽天スーパーポイントスクリーンが2018年7月2日より仕様を変更しました。

この仕様変更にて非常に大きい部分が、楽天スーパーポイントスクリーンというアプリを使用して取得できる楽天ポイントの多くが、「期間限定」から「通常ポイント」に変更となったのです。そのエビデンスを以下に示しましょう。

今までは「獲得」の文字の下に「期間限定」と付いていました。

以上により楽天証券の投資信託ポイント買付サービスにて、私は楽天ポイントでの投資信託の購入がホンの少しだけ多く可能となる見込みです。

この仕様変更に際し、私の主観ではいい意味でエグいところを攻めてきたと考えているため、「いづれ改悪されてしまうのでは…?」という不安も隠せませんが現状は良い仕様となっているため、とりあえずrideするしかない、この小波に。

それはさておきまして、今回の記事は、この楽天スーパーポイントスクリーンについて記述していきましょう。

 

ただこのアプリを紹介するにあたり、前置きが1点あります。広告という画像を多く含むコンテンツであることから通信料を結構食べるアプリのため、やるときは極力wifi環境を利用し、外で通常回線を利用する場合は通信料に注意を配りながら起動した方が良いでしょう。

なお、この記事は2018年7月4日時点での情報となります。




■楽天ポイントにおける投資信託の概要を簡易に

そもそも楽天ポイントは2種類の分類がありますが、それは「通常ポイント」と「期間限定」になります。この中で投資信託の購入が可能であるのは「通常ポイント」です。

私はクレジットカード支払いが可能なものは全て楽天カードで支払い、1%のポイント還元にて「通常ポイント」を受けて、そのポイントを全て投資信託の購入に充てているのですが、この「通常ポイント」の貯める方法が非常に限定されているため、結局のところ私の場合は月に400~700ポイントくらいしか取得できなかったのでした。

年間計算をすると、平均を取って1ヶ月550として、およそ年間で6600円くらいの投資信託を購入していることになるでしょう。

非常に少ない額ですが、6600円なら一人で相当美味しいものが食べれると考えると幸せになれるかもしれません。

そしてこの楽天スーパーポイントスクリーンの仕様変更で月に100~300くらい、投資信託の購入が上乗せ出来る可能性が出てきました。

 

■楽天スーパーポイントスクリーンはこの様に「通常ポイント」を獲得できるようになった

今までこのアプリでは、ほぼ全てが「期間限定」でしかポイントを取得できませんでしたが、変更に生じて以下の様にほとんどが通常ポイントでの獲得が可能となりました。

コンテンツ 付与されるポイント
ポイント付与対象広告 通常ポイント
ポイント貯まるコーナー 通常ポイント
トレンド調査隊 通常ポイント
超ミニバイト企画
(アイテム仕分け隊、モニター調査隊など)
通常ポイント
ラッキーコイン(Androidのみ) 通常ポイント
お友達招待(Android・Web版のみ) 期間限定ポイント

お友達招待のポイントは「期間限定」のままですが、それ以外が全て「通常ポイント」へ変更となっています。これが非常に大きく、投資信託購入を少しだけ加速させることとなります。

ちなみに赤字にした部分が、私が日々ポイントの獲得に頑張っている部分です。次の説明で私は月にどれくらいのポイントを獲得しているのかを示していきましょう。

あとこれは全く関係が無いことですが、私は友達がいないためお友達招待のポイントを受け取ったことがありません。

 

■月々これくらいのポイントが獲得可能である

このアプリでどれだけ時間と労力を割くか等によるのですが、私が去年からずっと使用してきた体感としては、平均でこれだけのポイントが獲得可能です。

概要 一日の起動時間 1ヶ月の獲得ポイント
毎日簡単なものだけを実行する 2分程 100~140
本気で毎日ポイントを獲得しに行く 10分程 220~270

簡単なものは毎日起動して「ポイント付与対象広告」をおよそ4~6項目タップすれば、およそ4~6ポイントを獲得できます。一瞬で終わるため非常に簡単です。

本気でポイント獲得に走る場合は「トレンド調査隊」など非常に時間を要するものを毎日やらなければいけないため、多くの時間を消費するでしょう。精神的に余裕のある時でなければ難しいです。


このアプリは私の体感上、上記の通り簡単に済ませれば一日に僅か2分以内におよそ4~6ポイントが獲得可能であり、少々頭を使わなければならないアンケートなどを避けてタップだけで簡易に済ますことも出来るため、おこづかいアプリとしては時間効率などが凄まじく高いと考えています。

あと参考に貼り付けておきますが、タップするだけで終わる「ポイント付与対象広告」には、その時間帯だけでしか存在しない広告があります。

時間帯 獲得可能ポイント
11:00~13:59 1~2
18:00~23:59 1

これが毎日あるため、全てこなすと一ヶ月で70ポイント位の差が出てきます。



■ただ注意点を挙げるとすれば

2点あります。

まず1点目ですが、このアプリは対策をしなければスマホを起動する度に広告が表示されてしまいます。これが非常にこのアプリの欠点となっています。

Lineを入れている方は想像がつきやすいと思いますが、スマホを起動すると受信したメッセージが表示される、そんな感じです。

これは以下の手順で回避が可能です。

・画面左上の「三」を押下 → 「待ち受け画面設定」 → 「待ち受け画面設定」をオフにする

この手順をほぼ毎回、起動してポイントを獲得した後に必ずやっているのですが、最初の頃は非常に面倒です。ですがポイントの獲得にはやむなしとして私は体に染みついています。

広告の表示間隔設定を変更することも出来るのですが、私はオフとしています。

 

次は2点目です。

最初の説明の通り、極力wifi環境を利用し、外で通常回線を利用する場合は通信料に注意を配りながら起動した方が良いでしょう。

ただ上記の表の通り時間帯が限定されて獲得可能なポイントについては、平日は仕事中のため一般回線で起動する必要があるでしょう。画像が幾つか表示されますが、1~2画面開くだけなので致命的に通信料が発生するわけでもなく、かつ私は回線が余り気味なので1ポイントの為に気にせず起動しています。

しかし注意しなければならないのが「ラッキーコイン」です。これは一日に最大2個のコインを獲得し、5個集まった段階でクジを引くというものなのですが、毎日タップのみで貰えるものとは別に動画を再生して貰えるものがあるため、この動画を読み込んでしまうと通信使用量が多くなってしまうので、もし利用する場合はwifiを活用しましょう。

 

■終わりに

楽天スーパーポイントスクリーンによるポイント獲得は投資信託の購入だけでなく、通常のお買い物についても適用できることでしょう。

現在はかなり良い仕様ですが、今後は改悪する可能性だって十分考えられます。しかしそれまでは利用し続けて、私は投資信託の購入に全力を尽くす所存です。


スポンサードリンク